Cresson 2013年12月

本のプレゼント

プレゼント応募受付は終了させていただきました。ありがとうございました。

今月のおすすめ本

スープジャーでつくる
100円ランチ

松尾 みゆき 著 青春出版社
1,181円+税

スープジャーでつくる100円ランチスープジャーの高い保温力を活用すれば、食材を切って、入れておくだけで調理完了。これなら、忙しい朝でもお弁当作りが簡単に!たった100円で、いつでも、どこでも、ほかほかのランチが楽しめます。


〈書店より一言〉

切って入れるだけ!この1冊で話題のスープジャーが使いこなせること間違いなし!

炭水化物が人類を滅ぼす
糖質制限からみた生命の科学

夏井 睦 著 光文社
880円+税

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学炭水化物は必須栄養素ではない!糖質制限ブームの陰の火付け役で、「糖質を要求するのは体ではなく心である」と断言するドクター夏井が、文明発祥から農耕の起源、人類の未来にまで大胆に迫る。男女を問わず大反響!

〈書店より一言〉

注目の糖質を切り口に、生命科学にまで及ぶ仮説を展開する過程は、圧巻の一言!

疾風ロンド
 

東野 圭吾 著 実業之日本社
648円+税

疾風ロンド生物兵器を雪山に埋めた犯人からの手掛かりは、スキー場らしき場所で撮られたテディベアの写真。ラスト1ページまで気が抜けない娯楽快作。「いきなり文庫」の大ヒットミステリー『白銀ジャック』から3年、まさかの文庫書き下ろし!

〈書店より一言〉

まさに「疾風」のようなスピード感!ラストまで気の抜けないミステリー・エンタメ作。

ふるさと銀河線
軌道春秋

髙田 郁 著 双葉社
600円+税

探偵部への挑戦状放課後はミステリーとともに2難の中で真の生き方を追い求める人々の姿を、美しい列車の風景を織りこみながら描く。ベストセラー「みをつくし料理帖」シリーズ、『銀二貫』の著者が、初めて現代の家族をテーマにした感動の短編集。


〈書店より一言〉

人々の温かいまなざし、優しさ—。明日はきっと!そんな気持ちになれる短編集。

〈書店より一言〉は、クレソンクラブ協力書店による本の紹介です。
今月のナビゲーターは、平安堂長野店/佐々木紀行さんです。

このページのトップへ

ことばのしおり

雪化粧(ゆきげしょう)


  寒さの冬はただがまん。そう思いながら、もう一度会いたい雪景色がある。「山も野原も綿帽子かぶり」では積もりすぎ。たださっとひと刷毛、薄化粧としか言いようのない初冬の雪景色。

  「それは今年一番という寒い朝だった。夜の間に細かな雪が降り、町が、木々も家々も、清楚に淡い雪化粧。日はキラキラと輝き、空は抜けるように青かった。

  「白いものがちらちらすれば、悪いものが降る、寒いものが降ると口々にののしりて」と嘆いた一茶には申し訳ないのだが、雪化粧はほれぼれと美しかった。

【執筆者プロフィル】
千葉県生まれ、東京教育大卒。東京、沖縄、中国を経て現在長野市在住。長野県カルチャーセンター、八十二文化財団教養講座の講師などのかたわら、信越放送ラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」のレギュラーをつとめる。
このページのトップへ