Cresson 2019年10月

本のプレゼント

落花狼藉(らっかろうぜき)
朝井まかて 著
抽選で5名様に差し上げます。
皆様のご応募、お待ちしています。

応募締切11月29日(金)
応募方法下のボタンより応募フォームにお進みいただき、必要事項をご記入の上、ご応募ください。


落花狼藉(らっかろうぜき)

朝井まかて 著 双葉社 1,600円+税

 戦国の気風が残る、江戸時代初期。情に厚い遊女屋の若女将・花仍は、徳川幕府公認の傾城町・吉原で、傾城商いの酷と華に翻弄されながらも、やがて町の大事業に乗り出す。直木賞作家が江戸随一の遊廓の黎明を描いた話題作!

応募
お待ちしてまーす!
落花狼藉

今月のおすすめ本

飯田線・愛と殺人と

西村 京太郎 著 光文社 カッパノベルス
820円+税



飯田線・愛と殺人と 飯田線の美しい秘境駅・小和田で恋人と逢瀬(おうせ)を重ねた女性が殺され、彼女への殺害予告が見つかった—!事件の裏には、出雲神話と古代史の秘密をめぐる妄信と醜い陰謀が!?十津川警部シリーズ最新刊!






〈書店より一言〉

舞台は飯田線!手に汗握るミステリー。今回も十津川警部の推理がさえわたる!

(関口美希)

はじめての
御城印ガイド

学研プラス編集部 著 学研
2,000円+税


はじめての御城印ガイド お城めぐりの記念としても大人気!全国100城の「御城印・城郭符」を紹介。御城印に描かれた「家紋」や「花押」を詳しく解説。各城のガイドと城内寺社の御朱印やお土産も厳選掲載。特別付録【家紋デザイン集印帳】は、日本製・48頁ジャバラ式の本格仕様!



〈書店より一言〉

人気の「御城印」初のガイドブック。オリジナル集印帳付きですぐ始められます。

(中沢木綿子)

日本人の9割がやっている
かなり残念な健康習慣

ホームライフ取材班 編 青春出版社
1,000円+税


日本人の9割がやっているかなり残念な健康習慣 大人気シリーズの第2弾が登場!普段何気なく行っている健康習慣ですが、世の中にはまだまだ“残念な”健康常識が潜んでいます。たとえば、「足腰を鍛えるために、階段を上る」「ダイエット中だから、春雨をチョイス」など、誰しも心当たりがあるような完全新ネタの“残念”を紹介します。



〈書店より一言〉

自分の中の健康常識が一新される一冊。思わずドキッとし、タメになる情報満載です。

(市田優子)

他人の言葉に
傷つくあなたは幸運な人

高野山真言宗僧侶 井川裕覚 著 双葉社
1,300円+税


他人の言葉に傷つくあなたは幸運な人 評価を気にするほど「評価」は遠のく。「女子力」を盛るよりむしろ引くことで光る「私力」。人間関係、仕事、恋愛、コンプレックス…。今を懸命に生きる人に寄りそう、5分で人生が楽になる「読む薬」!







〈書店より一言〉

僧侶である著者が悩みや悲しみとの向き合い方を説く、心の“置き薬”のような一冊。

(村上友子)

このページのトップへ

ことばのしおり

木守柿(きもりがき)


   大荒れの台風に苦しみ、ようやく手にした日本全国すべて晴れの日。朝から、空のなんとまあ青いこと。鈴なりの柿の、あの柿色が、青空に輝いていた。

   毎年のように目にすることだが、初冬ともなれば、不思議に一つ二つ、梢(こずえ)に柿の実が残っている。高くて採れなかったのか、いや、小鳥のためのプレゼントなのか。

   祈りをこめて木に実を一つ残す風習があるのだという。来年も良く実がなりますようにという願いをこめた祈りで、「きまもり」とも、「きもり」とも呼ぶのだそうな。

【執筆者プロフィル】
千葉県生まれ、東京教育大卒。東京、沖縄、中国を経て現在長野市在住。長野県カルチャーセンター、八十二文化財団教養講座の講師などや、SBC信越放送のラジオ番組「武田徹のつれづれ散歩道」のレギュラーを務める。
このページのトップへ